ガールズコラム

結婚に踏み切れない!男女の理由と結婚を前向きに考える方法

恋人のことは好きだけど、いざ結婚となると心にブレーキがかかってしまう男女は少なくありません。
結婚は一生のことで、慎重になるのは当然のことです。
お互いにそろそろ結婚の時期に差し掛かっているのに、しかも好きな気持ちに変わりはないのに、なぜか踏み切ることができません。なぜ、恋人から夫婦になることをためらってしまうのでしょうか。
男女のそれぞれの理由と、結婚を前向きに考えられるようになるその方法とをお伝えいたします。





■結婚に踏み切れない男の理由
男性がなぜ結婚に踏み切ることができないのかをみていきます。
結婚を迫ることで、男性が追い詰められることも少なくありません。
彼女のことは好きで仕方がないのに結婚となると事情が変わるようです。
男性たちは結婚に対して何を悩んでいるのでしょうか。


心構えがまだできていない
結婚に対する心構えがまだできていないので結婚に踏み切れない男性は多数です。
夫になるだけでなく、結婚となると父親になることも付いてきます。
結婚で責任が増えるため、真剣に人生を考えて行動するのです。

仕事はこのままで良いのか、家を買うにしてもローンを滞ることなく返済できるのか、家族を路頭に迷わせないだけの稼ぎを作るのは簡単ではありません。
結婚となると自分だけの人生ではなくなります。
人の人生を背負う心構えができていないと結婚に踏み切れないのです。


金銭感覚や価値観が違う
結婚において金銭感覚と価値観はとても大切です。
彼女としては楽しくて最高の相手であっても、結婚して一緒に生活をしていくには難しい相手だと結婚には至りません。

極端な浪費家、逆に節約しすぎる、家族に対する考え方、物事に対する価値観が何かにつけて合わない相手とは結婚したいと感じないのです。
お互いの考え方が合わないのであれば、お互いに歩み寄るか、受け入れるか、残念ながら離れてしまうか話し合う必要があります。


自分の経済面が不安
自分の稼ぎがちゃんとしているのかが不安で結婚に踏み切れない男性もいます。
まだアルバイトや派遣社員でお給料が安定していない、あるいは会社を立ち上げたばかりで軌道に乗っていないと家族を養っていくだけの自信がないのです。

結婚しても働く女性が圧倒的に多くなっています。
2人だけの人生なら稼ぎが安定していなくても問題ありません。
ですが、女性は残念ながら妊娠出産の後に収入が激減することも未だにあります。
人生の変化を考えると、男性にとって収入の安定化は必要なことなのです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●「いつか彼氏と結婚したい!」だけじゃ甘い!目標設定が大事なワケ
●もう恋愛で失敗したくない!ダメ男を見破るための6つの特徴とは?
●嫉妬とヤキモチの境界線って?自分を愛して、彼からも愛される方法