ガールズコラム

回避依存症の男性の特徴とは?恋人として付き合うために必要なことを解説

回避依存症は、具体的にどんな症状や特徴があるのでしょうか。
自分のパートナーの気になるところが、実は回避依存症の特徴と同じだったということもあるかもしれません。
言葉は知らなくても、思い当たる節があるのならぜひ参考にしてみてください。

回避依存症の傾向が見られる人には、一般的な考え方で向き合うのは難しいこともあります。
思い悩む前に、自分のパートナーや恋人の回避依存症のチェックをしてみましょう。





■回避依存症とは?原因は?
回避依存症の人は、なぜ回避依存の症状になってしまうのでしょうか。
女性に比べて男性が多いと言われている回避依存ですが、なぜ男性に多いのかも謎ですよね。
回避依存症の具体的な特徴や、原因などの詳細を知ってみましょう。


回避依存症とは
回避依存症とは、他人との関係性において深い構築を避けている状態の人のことです。
関係性が近くなってくると逃げたくなり、関係を切ってしまったりします。
恋愛などでも、付き合いが深くなりそうになると他の女性の元へ行ってしまうなどの傾向があります。

第三者から見ると、なぜこのような行動を取るのかわからないと思うはずです。
回避依存症は、病気であるわけではないので治療が必要なわけではありません。
そのため、性格的な特徴のひとつということになります。


回避依存症の主な原因
回避依存症になってしまう人の原因は、どんなことにあるのでしょうか。
回避依存症の原因は、幼少期の母親との関係性にあると言われています。
子供の頃に母親から十分な愛情を受けてこなかった人や、厳しい母親に管理された人などが多いです。

生まれて最初に関わる母親の存在であるのに、関係性が構築できなかったことが影響しています。
それ以外では、人生の中で人にひどい裏切りをされたなどの経験があると、トラウマから人間関係が苦手となってしまうこともあるのです。


回避依存症は女性より男性に多い?
回避依存症は、女性に比べて男性の方が多い傾向にあります。
男性の回避依存症の場合は、女性よりも内向的な部分が強く出ます。
女性の回避依存症もいますが、女性は同じような特徴であっても恋愛依存症になる確率が高いです。

ここの違いは、恋愛依存症になりやすい女性は関係性を強くしようと求めます。
しかし、回避依存症の男性は関係性を求める部分もありますが、近くなればなるほど突き放したくなることです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●LINEのやり取りから始まる恋愛って~実際に上手くいく?
●彼氏がほしい女子に!恋愛運がアップする6つの方法とは?
●彼氏に「結婚したい」と思わせる♡結婚相手になるためには?