ガールズコラム

付き合っていないのにハグする男性心理と抱きしめられたときの対処法とは?

男女の仲を深めるコミュニケーションのひとつ、ハグ。
大好きな人とのハグは心が穏やかになり、満たされますよね。
しかし付き合っていない段階で男性からハグをされたら、女性としては戸惑ってしまうもの。
「いったいどんな気持ちでハグしたの?」と気になって仕方ないことでしょう。

今回は、付き合っていないのに抱きしめてくる男性心理を解説。
要注意な男性のしぐさや、ハグされたときにどう対応すべきかなども紹介します。





■付き合っていないのに抱きしめてくる男性の心理とは
男性が付き合っていないのに抱きしめるときには、どんな心理が働いているのでしょうか。
パターンはさまざまありますが、真剣交際を前提としているハグもあれば、一時的な感情に流されたハグもあります。
気になる男性からハグされた場合には、どんな動機が隠れているのか、可能性を探っていきましょう。


好意をおさえきれない
相手の女性を「大好きで仕方ない」状態が続いている男性は、好意をおさえきれずにハグという行動に出てしまうことがあります。
好きだという気持ちを伝え続けているのに応えてもらえない場合や、告白のタイミングを伺っているなかでのデートであれば、やりきれない気持ちがあふれてしまうのも仕方ないでしょう。

もし相手の気持ちに気付いている状態でデートをしているのだとしたら、ハグという形での愛情表現は相手の精一杯の意思表示。
何らかの形で応えてあげるべき時期にきているのかもしれませんよ。


さみしい
誰かと楽しい時間を過ごすことができたときほど、別れ際はさみしいもの。
好意を持っている相手にならなおさらですが、「次はいつ会えるんだろう」「ここでお別れしたらまたひとりの時間が訪れるんだ」と思うと、感情的になる人もいます。

また必ずしも相手の女性が好きであるかどうかとは関係がないことですが、ひとりでいることが当たり前になっているフリーの男性は、人肌恋しくなることもあるでしょう。
男性が感情的にハグをしてくるときには、もしかしたら口には出せないさみしさがあふれているのかも?と考えてみてくださいね。


守りたい
男性と女性では、太古の昔から役割が違っていました。
男性は外で狩りをし家族に食事を運び、女性は住まいをメンテナンスし家族を守るという役割です。
現代になり、生活習慣が多様化して男女の働き方や生き方に変化が見られても、男性の「女性を守りたい」という本能は残っているといえます。

そのためたとえ付き合っていなくとも、女性が目の前で弱っていたら、守りたいと思う男性は多いことでしょう。
女性が普段は明るい人であったり、気丈な人であったりすればなおのこと、弱っているときのギャップに思わず手が伸びてしまったのかもしれません。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●同棲カップルの喧嘩の元?3パターン別のオススメ生活費振り分け法
●ここが直れば完璧なのに!大好きな彼氏の嫌な部分を受け入れるには
●自然消滅しやすい男性の特徴!別れが曖昧なまま放置されちゃうかも