ガールズコラム

プロポーズ前の男性心理とは?前兆を感じたときに女性がすべきことも紹介

パートナーの男性との付き合いが長くなってくると、そろそろ結婚したいと感じる女性も多いのではないでしょうか。
周りもどんどん結婚していくなかで、「プロポーズはまだかな」と期待を抱いてしまうのが女心というもの。

プロポーズが近いと思っていたにもかかわらず、男性の思わぬ行動に不安を感じてしまっている女性もいるかもしれません。
今回は、プロポーズをする前の男性の心理を解説するとともに、プロポーズの前兆ともいえる男性の行動などを紹介します。





■プロポーズ前の男性の心理とは
プロポーズする前の男性は、いったいどんな心理状態なのでしょうか。
期待と不安が入り混じり、一言では言い表せないというのが正直なところかもしれません。
「プロポーズしてほしいのになかなかしてくれない」となると、つい催促してしまいたい気持ちもあるでしょう。
けれど、男性心理を知ると、少しじっくり考えさせてあげたい、という気持ちが湧くのではないでしょうか。


成功させたい
よほど確実に成功すると前もってわかっている場合をのぞいて、プロポーズを考えるほとんどの男性は、成功するかどうか不安を感じているのではないでしょうか。
どうせプロポーズするなら成功させたい、と思うからこそ、シチュエーションやタイミングを考えていることでしょう。

また、一生に一度のことにしたいからこそ、思い出に残る素敵なプロポーズを演出しようとしているはず。
プロポーズを記念日に合わせるのか、どこでどんな演出をするのかなど、入念に計画しています。


この人に決めていいのかという迷い
結婚を意識し、プロポーズしたいと考える男性のなかにも、不安や迷いはあります。
プロポーズをしたら後には引けないからこそ、「本当にこの人に決めていいのか」というのは、シビアに考えてしまうところ。

結婚するということは、義務や責任がついてくることでもあります。
恋愛体質の人でもないかぎり、現実的な側面を考慮して考えることは多いもの。
プロポーズまでに悩む人は、堅実で慎重な性格であるといえます。


ワクワクする
サプライズ好きな男性にとっては、プロポーズで彼女を喜ばせることにワクワクが止まらないという人もいます。
また結婚というのは、人生における幸せな一大イベント。
プロポーズしたらそこからは、結婚準備、結婚式、同居、ハネムーンなど、楽しみなことが目白押しです。

また、同棲経験のない人は特に、好きな女性と一緒に暮らせることや、これから家族が増えることに未知の魅力を感じているはず。
先のことが楽しみで仕方なく、胸をときめかせている男性も多いのです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●同棲カップルの喧嘩の元?3パターン別のオススメ生活費振り分け法
●ここが直れば完璧なのに!大好きな彼氏の嫌な部分を受け入れるには
●自然消滅しやすい男性の特徴!別れが曖昧なまま放置されちゃうかも