ガールズコラム

足を組む人の心理とは?男女別や組み方でも違う!そこからわかる相手の心

足を組む動作には、さまざまな心理が働いています。
顔の表情や言動による心理よりも、足というのは正直な心を表すもの。
顔の表情は自分で調整することができますが、足についてはごまかしようがないからです。

無意識に足を組んでいても、そこには何らかの心理が働いていることになります。
普段なかなか足を見て心理を探るということはないですが、実は簡単に本心がわかるポイントです。
足を組む人の心理について、みていきましょう。





■足を組む人の心理とは
普段何も考えずに、足を組んでいると思っていませんか。
実は足を組むと言う動作は、何らかの心理が働いています。
足を組むときにどんな心理が働いているのか、どんな気持ちを表しているのかみていきましょう。


力を抜きたい
忙しく動いているわけではなくても、足は疲れています。
ただ座っているだけなのに、足が疲れるとは思いませんよね。
しかし、座っているだけでも足に力が入っているため疲れているのです。

そのため、足をリラックスするために足を組むケースもあります。
足を組むことによって、足の力が抜けるので足を休ませることができるのです。
特に足を交互に組む場合は、足をリラックスさせたいという心理が働いていると言えるでしょう。


警戒している
足の組み方が隙間のない状態で強く組んでいる場合は、警戒をしている心理を表しています。
会話がスムーズであっても、足を強く組んでいるようなら相手に対して緊張や警戒をしているのです。

リラックスができない心理状態なので、心の中は落ち着かないことになります。
相手に対して、緊張をほぐすことができる言葉を求めている状態なのです。
相手が足を強く組んでいるようなら、リラックスさせてあげることをしてあげるとよいでしょう。


頭を働かせている
足を組んでいるときは、考え事をして頭を働かせている状態もあります。
何かを考えているときは、神経が頭に集中するため足の力を抜くために足を組むのです。
足をリラックスするための状態と似ていますが、頭を使っているため脳内は活動していることが異なります。

そのため、相手の顔は固く真剣な表情をしていることが特徴です。
リラックスをしているか、考え事をしているかのわからない時は表情で見分けるとよいでしょう。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●同棲カップルの喧嘩の元?3パターン別のオススメ生活費振り分け法
●ここが直れば完璧なのに!大好きな彼氏の嫌な部分を受け入れるには
●自然消滅しやすい男性の特徴!別れが曖昧なまま放置されちゃうかも