ガールズコラム

付き合う前のラインの頻度はやりすぎ注意!ベストな頻度とコツを知ろう!

付き合う前のラインをしている期間ってとても楽しいですよね。
これから彼氏になるのかな、デートとかどこ行くのかな、などラブラブな妄想が尽きません。
楽しくてつい時間を忘れてラインをしてしまうのですが、付き合う前だからこそ気をつけたいことも山盛りです。

今回は、付き合う前のラインでベストな頻度と、ラインが続くコツやNGな内容などをお伝えします。
今まさに気になる人とライン段階にある人はぜひ読み進めてみてくださいね。





■付き合う前のラインのベストな頻度とは
付き合う前ってラインがとても楽しくて、つい日にちを超えても続けたくなります。
気に入った彼から連絡が無かったら、自分からラインしてもいいのかな?って悩む女性も多数です。

だけど、何度もラインするのも嫌われそうな気がしますよね。
付き合う前ってラインはどれくらいの頻度ならOKなのでしょうか。
男性がラインに負担を感じないベストな頻度をみていきます。


ノリが良い男性なら毎日でもOK
ノリの良い男性はラインも苦手に感じません。
コミュニケーションを取るのが好きなので、毎日ラインしても大丈夫です。
ノリが良い男性は楽しいことが大好きなので、真面目な内容よりちょっとふざけた面白い内容を送ってみましょう。
もともとマメなので、ラインはきちんと返信してくれるはずです。

そのため、両想いかどうかわかりづらいところもあります。
ですが毎日楽しく連絡していることで、2人の気持ちは確実に近づくのではないでしょうか。
楽しいラインを続けていれば「この子となら楽しそうだな」と感じてくれそうですね。


社会人なら3日に1回
社会人で仕事が忙しい人なら3日に1回くらいがベストです。
学生と違い、仕事が中心となってしまうので、ダラダラと続くラインに時間を割くのは負担を感じてしまいます。
気に入っている男性に「返信しないと」と負担に感じさせるのは避けたいですよね。

3日に1回であれば、忘れられることなく、また「よくラインしている相手」と認識されます。
返信も「楽しい」と義務感にならないちょうど良い頻度です。
できるだけ仕事中の時間を外して適度なラインを心掛けてみてください。


1日に数回を基準にする
1日に数回なんて少なく感じる人もいるのではないでしょうか。
確かに、気になる人と付き合う前のラインは、ラリーが続くなら続くだけやりとりしたくなります。
ですが、ひょっとすると相手の男性は「NO」が言えない性格の可能性もあるのです。

届いたラインを終わらせることができなくて、義務感でダラダラ続いているだけが事実だと切なすぎます。
「ラインしてみようかな」と相手に感じさせられたらお付き合いへのステップアップです。
ですので「もっとラインしていたいな」くらいで止めてみましょう。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●振り回されない恋愛がしたい!振り回される女性の特徴と恋の結末は?
●神頼みだけじゃ成就しない!縁結び神社に行った後にするべき事3つ
●風水による観葉植物を使った運気アップ!運気別におすすめの観葉植物と方角