ガールズコラム

好きな人とのLINEで好印象を与えるには?きっかけづくりや注意点も紹介

今や連絡手段のひとつとして欠かせないツールとなったLINE。
気軽に連絡先を交換することができるため、好きな人にアプローチするには格好のツールです。
しかし、LINEは手軽だからこそ、一歩間違えると悪い印象を相手に与えてしまうことも。

今回は、好きな人にLINEをするときに好印象を与える方法を紹介します。
好きな人とLINEをはじめるきっかけづくりの方法や、やりとりにあたっての注意点もお伝えしていきます。





■好きな人とLINEするきっかけをつくるには
好きな人とLINEするには、まずは連絡先を交換するところから。
なにかしらきっかけがないと、積極的に連絡先を交換できないという女性もいることでしょう。
ここでは、これからアプローチしたい男性に対して、どのように連絡先をきくのがスムーズなのかをまとめました。


共通の友人にグループをつくってもらう
好きな人が同じコミュニティにいる場合や共通の友人がいる場合は、周りにLINEグループをつくってもらいましょう。
「今度このメンバーで出かけようよ」「とりあえずみんなで繋がっておこうよ」など理由は何でもあり。
あらかじめ周りに協力をお願いしておくと、スムーズに事が運びます。
グループで繋がってお互いに連絡先がわかれば、何かしら口実を作って個人的に連絡をとることができるようになります。


用事を口実にする
「◯◯についてあとで聞きたいから、連絡先を聞いてもいい?」など、もっともらしい用事をつくって連絡先を交換するのもおすすめです。
そこまで大層な用事でなくても、「今日撮った写真を後で送るから」「さっき話にでた映画、見終わったら連絡するから、感想話し合おうよ!」なども使えるでしょう。

一度連絡先を聞いてしまえば、あとからなんとでも用事は作れるので、「後で話したい事があるんだ」と思わせぶりに連絡先を聞いておくのも良いでしょう。


ストレートに連絡先を聞く
あまり難しく考えず、「連絡先交換しようよ!」と声をかけるのも良いでしょう。
実際のところ、あまりにも相性が合わない相手である場合や、何か特殊な事情があるわけでもない限り、連絡先を聞かれて嫌がる人は少ないはず。

もし相手に彼女がいるかどうかわからない場合や、会社の先輩や上司など目上の人である場合は、「連絡先を聞いたら迷惑ですか?」「連絡先教えてもらうことはできますか?」など、少し控えめに尋ねるのが無難です。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●目の付け所間違えてない?男性が感じる女子力の高い行動、低い行動
●彼氏と感情的な喧嘩はやっちゃだめ!一線を越えずに踏み止まろう
●万人モテする雰囲気美人は誰でもなれる!今すぐ真似できる特徴6つ
●彼氏がいるのになんだか恋愛に疲れた。そんなときの対処法とは?
●子供のままごと恋愛はもう卒業!穏やかに育む大人の関係のススメ。