ガールズコラム

恋愛の駆け引きとは?好きになった男を振り向かせる駆け引きのテクニック

私たちが恋愛を大切に思えば思うほど、恋愛によって幸せになりたいという期待が強いほど、恋愛が上手くいかないことで深く傷ついてしまいます。
恋の駆け引きは悪いことではありません。
誰だって大好きな男性に振り向いてもらいたいし、自分を傷つけずに恋愛を楽しみたいものです。
相手に振り回されたり、逆に相手を翻弄したりせずに、お互いが幸せになれる大人の恋の駆け引きのテクニックについて、詳しく解説していきます。





■恋の駆け引きとは
恋愛をしているとき、私たちの脳内にはドーパミンという神経伝達物質が大量に分泌しています。
ドーパミンは快楽を司る脳内物質で、これが大量に分泌すると、私たちは幸福感に満たされると言います。
男女が強くひかれあうのもドーパミンの分泌と深い関わりがあるようです。

恋愛ホルモンと呼ばれるPEA(フェニルエチルアミン)はドーパミンの分泌を促す脳内物質です。
不安や緊張感を覚えてドキドキしたときに、PEAが分泌されるようです。
恋の駆け引きというのは、いかにして相手に適度な不安感や緊張感を与え、ときめきを覚えさせるかということがポイントになります。

恋が終わりを迎えるのも、脳内物質と深い関わりがあるようです。
ドーパミンは高い代謝を必要とするため、体がヘトヘトに疲れてしまいます。
これでは身が持たないので、恋愛は半年から長くても4年程度で終わってしまう、という説もあるようです。
熱しやすく冷めやすい、細く長く付き合うのが良いといった言葉は、ドーパミンの分泌の原理とも合致する奥深い言葉なのかもしれません。


■恋の駆け引きで成功するパターン
恋の駆け引きとは、相手に程よい不安や緊張を感じさせ、ドキドキ感を引き出すのがポイントです。
では、効果的に相手にときめきを感じさせるためには何をしたらいいのでしょうか?
また、どういった仕草に男性はドキドキ感を覚えるのか、見ていきましょう。


駆け引きは相手を知ることから
恋の駆け引きで相手の気持ちを引き寄せたい、ドキドキ効果で愛情を深めたいと考えるのであれば、最初に相手の人となりや恋愛観を知っておくことが大切です。
男性のタイプによって、効果的なアプローチは異なります。
多くの人にはとてもよく効く駆け引きの術も、一部の男性にとってはネガティブに響いてしまい、致命的に悪い印象を与えてしまうことも。

例えば、真剣に結婚を考えている男性に対してボディタッチで色っぽさをアピールしたら、生涯連れ添うパートナー候補からは外されてしまう可能性があります。
逆に、恋愛経験豊富な男性に小手先の駆け引きは通じません。
かえって幼稚だと馬鹿にされてしまうかも。
相手のことをよく知ることと同じくらい大切なのは、自分の魅力や欠点について、客観的に知っておくことです。
効果的な恋の駆け引きとは、自分の魅力をできるだけ自然に引き出すことなのかもしれません。


駆け引きはアプローチに変化をつけて
恋の駆け引きの基本は押したらダメなら引いてみる、という押し引きのちょうどよいバランスの加減です。
女性は押しに弱い人も多く、グイグイこられると「こんなに思われているの?」と感動して、相手に強く惹かれていくことがあります。

男性の場合はグイグイ押され続けると、「この子は自分のことすごく好きなんだなー」と安心感を覚え、いつしか安心が慢心の気持ちに変わるといったことがあるようです。
一緒にいる時間は思いっきり楽しんで、甘えて、好きな気持ちをストレートに伝えましょう。
これは、ときめきとドキドキを高める効果的な駆け引きです。。

でも、一緒に居ないときは、自分からの連絡は控えましょう。
相手の男性が連絡をくれたときも、待ってましたとばかりに即レスしては、相手に不安や緊張を感じさせるヒマもありません。
自分からの連絡を控えるとか、メッセージを受信しても即レスせずに少し時間を置くと、「今なにしてるかな…」「誰とどこに行ったのかな?」と不安や緊張を感じる時間ができます。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●結婚線がないのは生涯独身?結婚線がない薄い手相の見方や意味を解説
●別れ際にハグする男性心理とは?抱きしめる理由を知って対処しよう
●ピーターパン症候群って何?子供っぽい人は要注意!特徴や対処法を紹介
●婚活女子は高望み?売れ残り女にならないため条件や服装を見直そう
●食べ物をくれる男性心理とは?好きな人に見せる脈ありサインを理解しよう