ガールズコラム

そろそろ本命を見つけたい!結婚相手にふさわしい男性の特徴

仕事でも一通りの業務はこなせるようになり、社会人生活も慣れてきたこの頃…。次なる目標は結婚!そろそろ将来を考えられる相手と真剣交際したい!と考える女子も多いのではないでしょうか?
恋人を選ぶ基準と結婚相手を選ぶ基準はどこがちがうの?今回は幸せな結婚を手に入れた皆さんの先輩、アラサー既婚者の皆さんに結婚相手にふさわしい男性についてお伺いしてきました!





■幸せにしたい相手か
「今までの恋愛は自分が幸せにしてほしい!って思いばっかで相手を思いやろうって気が持てなかったの。でも、結婚は何十年も一緒にいるんだから2人が幸せじゃなきゃ無理でしょ。お互いの幸せを大切にできる彼と出会えたから幸せな結婚生活が送れてるんだと思う」(28歳/損保/女性)

自分のことばかり考えているうちは愛とはいえないのかも。一方的に望むばかりでは相手がいつか爆発してしまいます。相手を幸せにしたい!そう思い合える2人だからこそ、永遠の誓いを立て、幸せな生活を送ることができるのでしょう。


■最悪を見せ合える相手か
「入社早々、仕事もだめ、人間関係にもなじめず心身ともに荒れ果てていた。そんな姿を見て、元カレはそそくさと逃げて行ったけど、夫はそんな私でも受け入れて支えてくれて、愛してくれた。結婚って大変なことも色々あると思うけど、どん底の時でもわかり合えた彼とならこの先、どんなことがあっても乗り越えられる自信がある」(32歳/メーカー)

好調なときに人が寄ってくるは当たり前。しかし、忙しく、さらにこれから上り詰めたい!という男性の中には、不調の彼女をお荷物に感じ、手のひらを返したように別れを告げてくる、という人もいるのです。最悪の状況でも一緒にいたい、そんな風に思ってくれる彼はあなたに対して誠実そのものです。ときに険しい結婚生活ではそんな本物の愛がないと太刀打ちできません。健やかなるときはもちろん病める時も、一緒にいられる相手こそふさわしい相手です。


■話し合える相手か
「夫婦って他人なのに人生を共にするわけだから、ぶつかることもたくさんあるんだよね。そんな時にきちんと話し合って、お互いを理解したり、価値観をすり合わせていかないとどんどん溝が深まっちゃう。恋人なら好きな気持ちがあれば多少のことは目をつぶっても幸せだけど、夫と大切なことを話し合えないのはつらいかな」(30歳/銀行)

他人同士の2人が家族になるのですから、話し合うことは山積みです。
話したいといってもスルーしたり、シリアスな話を嫌う人とは関係の向上も絆の強固も期待できません。将来のこと、家族設計のこと、日常のこと…。意見や思いを共有し、価値観をすり合わせていくことで、同じ方向を向いて歩んでいけるパートナーになっていくのです。


■安定感のある相手か
「メンヘラチックなバンドマンと付き合ってて、予想外のことばかり起こす彼にドキドキしてかなりはまってたけど、今思えば経済的にも精神的にも安定してる夫のほうが数百倍もよかった!この先ずっと自分の給料で彼を養うのも、不安定な言動に振り回されるのも無理だったもん」(30歳/受付)

謎めいた発言や不安定な経済力など、その危うさに「私がいてあげなきゃ!」と母性本能をくすぐられるのでしょうが、結婚は日常。一生そばにいるとなれば想像を絶する苦痛になることはたやすく想像できます。これで子どもなんか生れた日にはどうなってしまうのか…。安定した幸せをもたらしてくれるのは、安定感のある男性なのでしょう。


■おわりに
恋愛がフランス料理のフルコースなら結婚は家庭料理といったところでしょうか。
日々、高級フルコースだと胃がもたれ疲れてしまうでしょう?
毎日なら地味でも栄養があってヘルシーな家庭料理のほうがおいしく頂けるというものです。
ロマンチックな展開やドキドキはあくまでもスパイス。終わりがある恋愛だからこそいい刺激として幸福を感じられるのです。結婚という永遠に続く生活の上ではスペシャルな感情を巻き起こすことよりも、継続的な幸せを作るという視点が大切。
あなたの想う人は、人生を一緒に歩んでいけそうですか?(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●なぜか男性が「かわいいんだけれど、ちょいブス女子」を好むわけ
●恋愛よりも頑張るべきは仕事?職場でモテる女子の特徴
●「恥かしい」という気持ちこそ、あなたが愛されている証拠です
●男子が彼女から「俺、理屈抜きに愛されてる」と実感する2つの瞬間
●この2つの場面での「彼の本音」があなたにはわかりますか?

あなたにおすすめ