ガールズコラム

「好きな人に会えない時間を楽しむ」ってどういうこと?

好きな人には会えるだけたくさん会いたい私ですが、前に彼氏から「会えない時間だって楽しめれば、いつでも幸せでいられてよくない?」と言われて軽い衝撃を受けたことがあります。

そのときは本当に意味がわかりませんでしたが、今なら少しわかるかもしれません。
今回は、この「会えない時間を楽しむ」ということについて少し考えてみましょう。





■やることはたくさん
「デートの後、次のデートまでの間、前のデートのことをあれこれ思い出してニヤニヤしたりするのが好き」(化粧品/22才/女性)

デートの最中ももちろん楽しいけれど、そのデートで起こったドキドキする体験や、いくら思い出しても毎回幸せな気持ちになってしまう彼の表情を何度もなんども、スルメを食べるように噛み締めて過ごすのが好きだという人はたくさんいるようです。

デートは、そのひとつひとつが大切な思い出。そして、これを一番鮮明に思い出して味わい尽くすことができるのは、間違いなくデートの直後でしょう。そんな、「思い出浸りタイム」を確保する意味でも、「会えない時間」は重要です。

また、他にも、
「次のデートのときに着る服を選んだり、楽しい話題を考えたり、あとは彼女が喜びそうなお店を探したり、やることめちゃ多いので、週に一回でもちょっと多すぎるくらいです……」(営業/23才/男性)

といった感じで、単純に準備に時間が必要だからという人もいました。たしかに、デートは単に場数を踏めばいいってものじゃありません。好きな人に会った数だけ、自動的にふたりの恋の経験値が溜まるみたいなそういうゲームじゃないですもんね。

好きな人に、「この人いいな」って思ってもらうのってそんなに簡単じゃありません。一回一回のデートを真剣に、自分の中で脳内作戦会議を連日開催して、入念に準備をしてはじめて「私とのデート、いいでしょ?」と自信を持ってお届けできるようなデートを迎えられるはずです。


■次会うとき「進化」していよう
「その関連で言うなら、自分は、『彼女に会うたび、毎回成長していよう』ってノルマを課してます。彼女はすごく厳しいので、子供っぽいというか、大人として魅力的じゃないって思われたら、すぐに捨てられそうなんで(笑)」(企画/24才/男性)

ここまで極端にとらえる必要はなくても、たとえば、何年付き合っても、少しも成長しなくてずっと昔のまま。こんなんだったら、その年月の間に自分や周りの人が成長してしまっているせいで、「この人じゃ、物足りないな」と思われてしまうことだってあると思うんです。

他にも、
「ただのかわいいだけの女って思われるの嫌だし、社会人としてかっこよくもいたいから、デートだけじゃなくて、仕事も頑張ろうって思ってる」(雑誌編集/23才)

という声もありました。
人は、ただ付き合っていれば自動的なそのまま結婚できるわけじゃありません。年齢とともに成長していく相手にとって、その成長のステージに合わせて、「やっぱり、素敵」と思われないといけません。

よく、学生年の差婚カップルが、年上の方が社会人になる段階ですれ違いが起こって別れてしまうことがありますが、これもその表れですよね。

おしゃれやデートプランなど、先に書いたような「小さな」やるべきことだけじゃなく、もっと大きな視点で、「好きな人と会わない間に、やるべきこと」というのがあるのかもしれません。


■「会えるの楽しみ!」が大切なスパイス
そして最後に、そもそも、「会わない時間」があるからこそ、「会ってる時間」を幸せに感じることができるんだということを伝えたい!

言葉遊びでもなんでもなく、「会えない」からこそ「会いたい」と思えるわけで、好きな人とデートするとき、あんなに幸せな気持ちになれるのは、いつもは「こんなの、なければいいのに」と忌み嫌っている(かもしれない)あいつの存在、他ならぬ「会えない時」のおかげなのです。皮肉なことに。

これはお互いに言えることで、あなただけではなく相手も、あなたと会わない時間があるからこそ、久々に会ったあなたの魅力を再認識できるわけだし、恋人なら「やっぱりこの子のことが好きだな」と思ってくれるわけですよね。
「会えない時間」は、デートに幸せな気持ちというスパイスを添えてくれるものなのです。

**

「会えない時間」。これはたしかに、さみしいし、辛いし、いくらなんでも会ってるときほど幸せに感じるなんて悟りの境地にはいけないかもしれませんが、この時間の中でしっかりと次のデートのため、はたまた、自分の成長のためにやるべきことがたくさんあるということ、それから、そのおかげでデートできることの幸せがあるんだということ。

「会えない」からこそ「会える」が幸せになる。このことを思えば、ほんの少し、会えない時間も悪くないと思える気がしませんか?(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●気まずい沈黙を防ぐ!電話好きカップルに聞いた「ふたりの話題」
●嫉妬したときは「責める」じゃなく「誘導する」!彼への正しい伝え方
●「モテテク」を「女の媚」に利用するから批判される
●男性が「これまでに一番納得できなかった別れの理由」とは?
●フラれた経験がいい女をつくる

あなたにおすすめ