ガールズコラム

連絡をとるのを面倒臭がる男の特徴

好きな人や付き合っている彼が、なかなか連絡を返してくれなくて、心が晴れないという女性も少なくないでしょう。

なぜ連絡をしてこないのか、男性側には理由があります。大きく分けて、4つのタイプをご紹介しましょう。あなたの好きな彼は、あてはまる?





■仕事に没頭するタイプ嘘
「男の見せ場は職場だ!」と考えている男性が、中にはいます。やっと自分のやりたい職業を手にすることができたという男性ほど、毎日の仕事時間が楽しくて仕方ないのです。

そのため、女性との日常におけるキャッチボールは、おろそかになってしまいます。男性に悪気があるわけではないのですが、女性の優先順位が仕事の次になってしまって、ついつい放置。仕事が大好きなタイプかどうか、彼に聞いてみるといいでしょう。


■会えば足りると思っているタイプ
男性が女性へ連絡をしない理由として、直接会っている時間を大切にすればいいという考え、ということもあります。連絡は、会うために必要なスケジュールのやりとりにとどめ、話したいことやしたいことは顔を見てするものだと考えているのです。

この場合、男性には女性を軽く扱っているという意識はなく、果たすべき義務はきちんと果たしていると考えています。連絡が少ないことで不安になりがちな女性は、「普段からもう少し電話できないかな?」と聞いてみてもいいでしょう。


■自分の時間を満喫したいタイプ
男性が自分自身の時間をじっくりと楽しみたいタイプであれば、連絡が少なくなってしまう傾向があります。昔から続けていた趣味に何時間もさいてしまう、新たな関心ごとには積極的にかかわっていきたい、などという気持ちが強く、ほかのことを頭の片隅には覚えていても、熱中してしまうのです。

言いかえれば、自分を大切にできている男性なのですが、あなたが不満に思う気持ちを抱えているのなら、少し連絡の頻度を高めてもらえないか相談してみるのもいいでしょう。


■ひとりにしぼりたくないタイプ
あなたのことが好きで付き合いだしても、まだまだ多くの異性と知り合い、楽しみたいと考える男性もいます。そんなタイプの男性の連絡がおろそかになる理由は、合コンや街コンに参加したり、友人の彼女の知り合いに会ったりする機会をつくるのに忙しいからです。

このような男性と一緒にいたいのならば、あえて積極的に働きかけるのをやめてみるのもあり。あなたも違う男性に目を向ける余裕をもつことで、男性の気持ちを自分だけに引き寄せられるかもしれませんよ。


■彼の気持ちはどれ?
男性の心の動きは言葉にしなくても、女性との連絡頻度でわかります。相手がどんな気持ちでいるのか察知しながら、あなたの素直な想いを伝えてみて下さいね。(SACCHI/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●恋の主導権は自分が握る。彼氏を「都合のいい男」に育てる方法
●「いつも迷惑かけてばかりでごめんね」の前にあなたが彼氏にいうべきことの正しい伝え方
●いい恋ができるのは「頑張らない」から
●好きだからこそ、遠慮しちゃう。でも、それってもったいないです!
●お泊まりで「おやすみ」後に仕掛けたい奇襲攻撃

あなたにおすすめ